妊婦用シートベルト補助具

妊娠中の教習

妊娠中もしばらく仕事を続けて、業務で自動車を運転しなければならない方や、子供が生まれてからの事を考えて今の内に自動車に乗れるようになりたいという方もいるかと思います。

しかし、シートベルトを着けると腹部を圧迫してしまい、お腹の赤ちゃんへの影響が心配な為、ペーパードライバー教習を受けるのを躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?

SPDではそういった妊婦の方でも安心してペーパードライバー教習を受けることができるように、タミーシールド(妊婦用シートベルト補助具)のご用意をしております。

妊娠中の教習

タミーシールドとは、自動車のシートの上に座布団のように敷き、金属(フック)部分にシートベルトを引っ掛けることにより、シートベルトの本来腹部にかかるベルト部分を太ももかかるようにすることで、妊娠中の方でも腹部を圧迫することなく運転できるようにするシートベルト補助具です。

ケース
タミーシールドの全体像(表)
ケース
タミーシールドの全体像(裏)

タミーシールドの使い方

それではタミーシールドの取り付け方法を見ていきます。

1
取り付け方法01

タミーシールドの設置

まずはタミーシールドを自動車のシートに座布団のように敷きます。
金属部分が上部の前方方向にくる様にしてください。

2
取り付け方法01

タミーシールドのベルトの装着

タミーシールドに付いているベルトをシートの背もたれの部分の後ろに回し、バックルを止め、タミーシールドとシートをしっかり固定します。

3
取り付け方法01

着席

敷いたタミーシールドの上に座る形で着席します。

4
取り付け方法01

シートベルトの装着

まずは普通にシートベルトを装着します。

5
取り付け方法01

シートベルトとタミーシールドの固定

シートベルトの腹部側のベルト部分をタミーシールドの金属(フック)部分に引っ掛け、シートベルトとタミーシールドを固定します。

6
取り付け方法01

下の図のようになりましたら取り付け完了です。
後は胸の部分のベルトや太ももの部分のベルトの位置を合わせて、お腹を圧迫しないように調節してください。

【発送方法】

『着払い』の宅配便として、以下の予約フォームの「住所(お届け先)」にご記載頂いたご住所にお送り致します。

(注)発送料金はご負担頂く形となりますのでご了承下さい。

【返却方法】

同封されているラベルを使用して『元払い』で以下の宛先まで発送をお願い致します。

(注)発送料金はご負担頂く形となりますのでご了承下さい。

【宛先】

〒192-0011
東京都八王子市滝山町2丁目10番地1号
株式会社SPD CREATION

【料金】

一律:5,500円(税込み)

【連絡先】

電話番号:042-626-3920
担当:田中

レンタルをご希望の方はこちら!

    お名前
    ふりがな
    会社様名
    住所(お届け先)
    電話番号
    メールアドレス
    メールアドレス(確認)
    レンタル開始希望日

    ※開始希望日は「本日から4日後~その10日後」の範囲でお選び下さい。
    出産予定日
    返却日

    ※消印有効
    ※返却日は出産予定日の1週間後(7日後)です。
    免許書の写真

    免許証(表)

    免許書(裏)
    お問い合わせ

    利用規約

    当サービスを利用するにあたって、必ず事前に確認おねがいします。 SPD CREATION(以下「甲」という)は、「お名前」欄に記名した者(以下「乙」という)に対し、甲の所有するレンタル商品に対する契約(以下「本契約」という)を締結する。

    第1条(レンタルサービスの定義)

    • 1.甲が乙に対し甲の所有するレンタル商品を貸し出すサービス(以下「レンタルサービス」という)とする。
    • 2.貸し出しの際は甲の指定した配送方法で乙の指定した配送先へ配送するものとする。

    第2条(レンタルサービスの成立)

    • 1.乙の申し込みを受け甲が所定の手続きを行い、甲の提示したレンタル料金を乙が振り込んだことを確認した時点で成立するものとする。
    • 2.乙は予約時にて、甲の指定する入力フォームに氏名・レンタル品の送付先等の情報を記入する際に、免許証の写真(表裏)も添付するものとする。

    第3条(レンタル品の取り扱い)

    • 1.乙はレンタルサービスによって貸し出された物品(以下「レンタル品」という)を無断で他者に譲渡または貸与してはならない。

    第4条(レンタル料とその支払い)

    • 1.乙が甲に対し支払うレンタル料金は、甲が保有するホームページに記載されている料金とする。その支払いは、レンタル開始前の精算とし、甲の指定する口座への振り込みでの取引とする。

    第5条(破損・紛失時について)

    • 1.乙はレンタルサービス期間中に経年劣化を除く要因でレンタル商品を破損、又は紛失した場合、そのレンタル商品の価値に応じた費用を弁償するものとする。

    第6条(機密保持)

    • 1.甲がレンタルサービスの遂行上、知り得た乙の情報は第三者に漏洩してはならない。

    第7条(契約解除)

    • 当事者の一方が本契約の条項に違反した時は、当事者は何らかの催告をせず、直ちに本契約を解除し、また被った損害の賠償を請求することができる。

    第8条(利用条件)

    • ・乙が未成年者の場合、保護者の承諾を得ていること。
    • ・乙が暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)に該当しないこと。
    • ・上記の規定により当社が契約を解除した場合でも、乙にレンタル料等の返金はしないものとする。