HILUX3インチボディリフトキット取付説明書

この度は弊社3インチボディリフトキット(GUN125)をご購入いただきありがとうございます。

知識のある整備工場に取り付け依頼をお願いいたします。

①3インチボディリフトキット構成部品

60パイブロック x 6
70パイブロック x 4
ボルト付き60パイブロック x 2
210mmロングボルトナット(ワイドワッシャー付き) x 2
200mmロングボルトナット(ワッシャー付き) x 2
200mmロングボルトナット(ワイドワッシャー付き) x 2
100mmボルト(ワイドワッシャー付き) x 4
70mmアルミパイプ x 1
70mmシリコンホース x 1
70mm用ホースバンド x 2
ラジエーターステー(ボルト2種類付き) x 4
エアコンコンデンサーステー上側(ボルトナットx4セット付き) x 2
エアコンコンデンサーステー下側 x 2
ステアリング延長キット x 1
燃料パイプステー(ボルトナットx1セット付き)  x 1
38mmアルミパイプ x 1
38mm用ホースバンド x 2
リアバンパーステー x 2

②フロント側準備

1.フロントバンパー・サイドステップ取り外し
2.ウォッシャータンク・インテークホース(前期はインタークーラーホースも)取り外し
3.インナーカバーのゴムを取り外し
4.ハンドルロッドジョイントを上側にずらしてください。(ボルトを2本とも抜いてください)
5.助手席側ホ-ス2本、ブラケットから切り離し
6.リアシート取り外し
7.プロペラシャフトのステー取り外し、もしくは下側に行くように折り曲げ
上記順番で作業を進めます。

②フロント側作業開始

1.ラジエーターのボルト4本を外して、上側2ヶ所のワッシャーのツメを折り曲げ加工してください。
2.エアコンコンデンサーをラジエーターから切り離し、エアコンコンデンサー上側のプラスチックの加工(爪切りと穴開け)
3.ラジエーター上側に専用ステーのザグリ穴がないほうを上に向けてラジエーターに皿ボルトで2ヶ所取付
4.フレームとボディーと接続されている6ヶ所の各ボディマウントのナットを外す。
5.ボディを持ち上げ、前方側に60パイのブロックと200mmのロングナットボルト(ワッシャー付き)
 中間側に70パイのブロックと210mmロングナットボルト(ワイドワッシャー付き)
 後方側に70パイのブロックと200mmロングナットボルト(ワイドワッシャー付き)
 を使い車体を下ろして固定してください。
6.上側にあげたハンドルロッドジョイントとステアリング延長キット(*モリブデンを塗布)をインストール
1.まずは下側に延長キットをはめ込んでください。
2.上側のロッドを持ち上げながらジョイントを下ろし延長キットと接続してください。 3.角度がついているので入りずらい場合は、山同士があっていることを確認して、タガネなどを使いたたいてみてください。
7.ラジエーター下側に専用ステーのザグリ穴がないほうを上に向けてラジエーターに皿ボルトで2ヶ所取付
 ラジエーター両サイドにある前側のセンサーを外して取付位置を変更してください。ラジエーターを純正位置の穴を使い付属の六角ボルトで固定。
8.コンデンサー下側の専用ステーをはめた後、上側を専用ステーをボルトナットで固定。インシュロックを使い下側の専用ステーも固定。
運転席側 助手席側 ラジエーター下側 9.インテークホースのエンジン側に70mmアルミパイプを挿入して純正ホースバンドで固定。アルミパイプとエンジン側をシリコンホース、付属のホースバンド2個を使い固定。
(*前期はインタークーラーホースをカット加工して接続してください)
10.フロント側準備で行った作業を逆の手順で取付(サイドステップ以外)

③リア側作業開始

1.運転席側のリアフェンダー内の燃料パイプステー取り外し
2.燃料パイプと燃料タンクを繋いでいる燃料ゴムホース取り外し
3.リアバンパー取り外し。
4.荷台と接続されている6ヶ所のボルトを外す。
5.荷台を持ち上げ、前方側にボルト付き60パイのブロックを最初に締め付ける。純正ボルトを使い上側から固定。
 中間側・後方側に60パイのブロックと100mmボルト(ワイドワッシャー付き)
 を使い荷台を下ろして固定してください。必ずゆるみ止めを塗布してください。
6.専用ブラケットを使いリアバンパー取付。運転席側が長穴仕様ですので、助手席側に出幅を合わせてください。
7.燃料ホースを写真のあたりでカットして、38mmアルミパイプを使い、バンドで固定して、車両に取付。
8.燃料パイプステーを使い、フレームに固定。
9.サイドステップを取り付け